相場が逆行してしまっても利益確定決済があるという強み

相場が逆行してしまっても利益確定決済があるという強み

 

“相場が上昇しても下落しても利確されるチャンスがある”

 

こう書くと初心者の裁量トレーダーの方は
「両建てするの?」
と思うかもしれませんが、そうではありません。

 

グリッドトレードは例えばロングのグリッドトレード中に相場が下落してしまっても利確されるチャンスがあるのです。

 

下の図を見てください。

 

下降トレンドでもロングのグリッドトレードが利確されている

 

図を見ていただくとお分かりいただけると思いますが、下降トレンド中であってもロングポジションが利確されています。
ショートの場合はこの逆で、上昇トレンド中であってもショートポジションが決済されるチャンスがあります

 

仮に相場が一直線に暴落(急騰)したとすればポジションを取り続けるだけで利確決済されることはありませんが、実際の相場は上昇する時も下落する時も上下しながら進むもので直線的に進むことはありません。
つまりグリッドトレードは、相場が上昇するにせよ下落するにせよ、相場が細かく上下しているかぎりはエントリー方向と関係無く利確されるチャンスが結構あるのです。

 

 

これってすごくないですか?

 

 

これが裁量トレードだったら、相場がエントリー方向と逆行してしまったら、そのポジションは損切りするか、もしくは含み損が増えていくのを指を咥えて眺めているぐらいしか出来ませんよね。

 

もちろん裁量トレードでもポジションの買い増しは出来ますが、裁量トレードは少ないポジションで勝負するのが普通ですから、ロットがはじめから大きく、どこまで買い増し出来るかは疑問です。

 

それ以前に裁量トレードでそんなことしていたら間違いなくそのうち破産しますよね(笑)

 

やはりこれはグリッドトレードならでは強みと言えると思います。

 

ただし一つ気を付けなければならないのは、グリッドトレードの設定でポジションを取得する値幅を大きく取ると、結果的に一直線に相場が進むことと同じことになる可能性があるということです。

 

下の図を見て下さい。

 

グリッドトレードで結果的に利確されない例

 

図では相場は細かく上下しながら下落していますが、ポジションを取得する値幅を大きく取ったために利確ラインに到達することなく新規ポジションを取り続け、結果的に相場が一直線に進むことと同じことになっています。

 

とは言ったもののグリッドトレードにおいて、
ポジションを取得する値幅を大きく取るということは、確かに利確のチャンスは減りますが、新規で取得するポジション数を制限することも出来るわけですから、一般的にはリスク軽減に繋がり、決して悪いことではありません。

 

この辺をどうするかは、用意出来る資金、グリッドトレード開始時の為替、そしてどこまでのリスクを想定してグリッドトレードをするかによって変わってきます。