グリッドトレードは必ず余剰金で始めること

グリッドトレードは本当の意味での余剰金ではじめること

 

グリッドトレードに必ず余剰金を使うようにしてください。

 

余剰金とは、
「いざまとまったお金が必要になった時でも、そのお金には手をつけなくても大丈夫」
というお金のことです。

 

さらに安全な考え方をするならば
「いざまとまったお金が必要になった時でも手をつけなくても大丈夫なお金の半分」
です。

 

「今のところは使わなくても何とかやっていけるかな?」
というお金は余剰金とは言いません。

 

また
「将来的に子供の大学入学に使おうと思っていたお金だけど、まだ子供は中学生だから、それまでの間このお金をグリットレードで増やしておこうかしら。」
なんてことも絶対に止めてください(汗)

 

そもそもグリッドトレードは、確かに損切りとロスカットさえされなければ利確が繰り返され、資産は着実に増えていく手法ではありますが、
それと同時にかなりの含み損を抱える手法でもあります。

 

含み損を抱えて決済、また含み損を抱えて決済、この繰り返しがグリッドトレードです。

 

ですので特にグリッドトレード開始時などは、含み損が利益確定額の合計を大きく上回るなんてことはしょっちゅうですし、何より、いざFX口座からお金を引き出そうとしたときに、大量の含み損を抱えていたら引き出せませんよね?
そんなことしたら証拠金維持率が一気に下がりロスカットの危険性がグンと高まってしまいます。

 

つまりグリッドトレードはいつでも好きなときに止められる手法ではないということです。

 

もちろん大量の含み損を抱えたポジションを全てを損切り決済する勇気があればいつでも止められますが、普通止めるとすればポジションが全決済された時か、もしくは利益確定額の合計が大きく含み損を上回ったときしかないでしょう。

 

だからこそ、グリッドトレードは “本当の意味での余剰金” で始めることがとても大切になるのです。

 

ただ、これはグリッドトレードに限らず投資全般に言えることですね。
投資には余剰金、ギャンブルには生活費、これが基本です(笑)
余剰金でギャンブルなんてハートに火が付きませんからね!