納税を考えても余剰金でグリッドトレードをする必要がある

納税するためにもグリッドトレードは余剰金でやらなければならない

 

グリッドトレードが余剰金で行う必要があると申し上げてきましたが、
これは税金のことを考えてでもあります。

 

ご存知のようにFXで利益確定した資産には税金がかかります。
そして含み損は、損を確定しない限り考慮されません。

 

つまり利益確定総額が300万で、含み損が250万あったとすると、その時点での実質的な利益は50万ですが、含み損を確定(決済)してしまわない限りは利益確定総額の300万に税金がかかってきてしまのです。

 

こんなことは皆さん既にご存知ですね。

 

ではこれをグリッドトレードに当てはめて考えてみるとどうなるか?

 

何度も申し上げているようにグリッドトレードは大量の含み損を抱える可能性のあるトレード手法であり、その含み損にじっと耐えて利益確定されるまで待つことで着実に資産を増やしていく手法です。

 

ですからタイミングによっては、
確定申告の時期に一番含み損を抱えていることもあるかもしれません。

 

場合によってはそれまでの利益確定総額よりも含み損が上回っているなんてこともあるかもしれないのです。

 

こんなタイミングで、グリッドトレードの口座からお金を引き出して税金を支払うことが出来るでしょうか?
ただでさえ大量の含み損を抱えているのに、そこから税金分のお金を引き出してしまったら、さらに証拠金維持率が低下し、ロスカットの危険性が益々高まってしまいます。

 

それどころか納税額によっては引き出すことすら許されない状況になっていることも十分考えられます。

 

ではこういった場合どうすれば良いのか?

 

答えは簡単です。

 

予め税金を払うことが出来るだけのお金を別にキープしておけば良いのです。

 

そうすれば確定申告など気にせずグリッドトレードを続けることが出来ますし、大量の含み損を決済して口座資金を減らす必要もありません。

 

ただこれをするにはグリッドトレードは必ず余剰金で行うようにしなければなりません。

 

また、もしグリッドトレードが上手くいき、FX口座の資金が増えてきたとしても、安易にロット数を増やしたり、他の通貨ペアで別のグリッドトレードを始めたりせず、まずは引き出しても問題無いぐらいの金額をFX口座から引き出し、手元にキープしておく金額とFX口座の金額が同じぐらいになるように日頃から調整しておくことも大切になります。